ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL RECRUITING 2019
  1. English

人を知る

  1. 採用情報トップ
  2. 人を知る
  3. スタッフインタビュー
  4. バックエンドエンジニア
S.A

社員の努力を尊重してくれる会社です

2016年中途入社
ビジネスソリューション事業部
バックエンドエンジニア

この職種の募集要項を見る

S.A
WinWin USER
好きなコマンドはマウスホイール押込みWebリンク踏むときは別タブに出したい派
どんな経歴を経て、INDETAILへ入社しましたか?
東京で4年ほどWebエンジニアを経験し、UターンでINDETAILに入社しました。INDETAILを選んだ理由ですが、まずホームページのセンスに惹かれました。そこから「社内の様子」の記事を見ているうちに段々と興味が湧きあがり応募しました。
INDETAILの、他社にはない魅力はどんなところですか?
地方では遅れがちな新技術の導入をいち早く取り入れていることです。ブロックチェーンについてプロモーションや勉強会を開催したりと活動の幅が広いのも魅力です。もう一つは社員の中でもいろいろな国籍のスタッフが多く在席していることです。故郷やその文化の話をしたりなど自分の知らない世界を知るよいきっかけになっています。
入社してよかったなと感じたことは?
社員とのつながりが広いことです。社内にはさまざまな部活動があり、直接業務で関わったことがない社員とも交流しています。例えば私はボードゲーム部に所属していますが、他にもボウリング部、酒部、スイーツ部などがあり、まだ存在していない部でも立ち上げて活動することが可能です!(是非趣味全開の部を立ち上げて欲しい)
やりがいを感じる(感じた)瞬間はどんなときですか?
無事成果物が本番で稼働した瞬間です。今までの努力を積み上げてきたものが動いているのを見ると非常に胸が熱くなります。また、打ち上げで苦労した思い出などをメンバーとお酒を片手に語り合う場面も好きだったり。
INDETAILへの入社を検討している方へのメッセージ
「努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している」という名言があります。私はこれを限られた機会の中で最大限の力を発揮させるために、常日頃努力していくのだと解釈しています。INDETAILはその努力をサポートしてくれる環境とチャレンジさせてくれる機会が多いため、自身のキャリアアップに結びつきやすい会社です。是非その成功へ向け一緒に仕事できたらと思います!
ある日のスケジュール
  1. 9:00
    出社
    フレックスタイムを導入しているので、10時までに出社すればいいのですが、私のモットーは早く来て早く帰る!今日やる作業などをまとめる時間として使っています。

    出社

  2. 10:00
    朝会
    プロジェクト内で本日行う作業について打ち合わせ。お客様から優先されている依頼に応えるにはどう動けばよいか検討したり、メンバーの進捗を確認するのもこの時間です。
  3. 12:00
    お昼休み
    昼ごはんを食べたら空いた時間を使って社内メンバーと持参してきたボードゲームで遊ぶことが多いです。自然と会話が生まれていい息抜きになっています。

    お昼休み

  4. 13:00
    レビュー業務
    午後はプロジェクトの改修資材レビューを行います。私も発展途上なので、他のスタッフの改修から非常に勉強させられることが多いです。

    レビュー業務

  5. 14:00
    お客様と打ち合わせ
    お客様とプロジェクトの進捗状況についてSkypeで打ち合わせをします。お客様が求めるより良いシステムを実現するためにこちらから提案することも。
  6. 15:00
    アーキテクト
    社内アーキテクトの土台を作るために打ち合わせを行います。直近ではテスト駆動開発の社内基準を検討しています。
  7. 18:30
    勉強会
    毎週木曜日の業務終了後、有志で集まりISUCONの過去問題に取り組んでいます!モブプロでやっているので、みんな意見を出し合いながらスコアを上げていっています。
  8. 20:00
    退社
    今日行った作業内容を軽くまとめたら帰宅。お家でAWSをいじってみたり、仕事仲間とボイスチャットでゲームしたりと趣味の時間を満喫します。
S.A
チームでの彼はどんな人?

アーキテクトチームとして、新技術の確認やプロジェクト化前のコード調査などを共にやっていますが、技術を学ぶことに貪欲で、新しいことに積極的にチャレンジしています。社内で実施している若手の勉強会でも積極的に活動してもらっており、非常に頼もしい存在です!(T.K)

彼は技術力でチームを引っ張ってくれる存在です。現在のプロジェクトでは、開発チームのチームリーダーとして活躍してもらっています。自ら開発するだけでなく、チームメンバーの作成したプログラムをレビューし、チーム全体の技術力・品質アップに貢献してくれています。(H.H)

ENTRY

インタビュー一覧へ

ITベンチャーとして成功することで、北海道の地域活性を牽引していく。
私たちINDETAILは本気です。

株式会社INDETAIL(インディテール)