ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

INDETAILの平成28年入社式が開かれました

2016.04.01

P4011588_800
INDETAILで4月1日、平成28年度の入社式が開かれました。新たな一歩を踏み出す新卒社員11人は緊張した面持ちで「会社のみなさんに教わりながら成長していきたい」などと意気込み、INDETAILでの第一歩を踏み出しました。

代表・坪井は「会社にいる全員をライバルだと思え」とメッセージ

当社は平成21年1月設立ですが、平成26年にアイテック北海道から改称し「INDETAIL」となったため、INDETAILとしての入社式は今回で2回目となります。この日に入社した新卒社員11人は緊張した面持ちで会場に現れました。

代表の坪井は新卒社員に向け「ソフトウェア関係の企業は日本に3万3000社あり、簡単にはもうけることができない業界。創業する会社は1年目で40%が倒産しているのが現状」と、ソフトウェア業界やベンチャー企業を取り巻く環境の厳しさを説明しました。
IMG_1116_800
INDETAILはそんな環境の中で、ここ20年創業した企業のうち0.06%しか達成できていない新規上場を目指しています。坪井は「新卒社員は一直線で成長するわけではない。時には沈むときもあるし、ストレスがたまる時もあるだろうが、その中でどう向上心を持ち続けるかが大事」と強調しました。

その上で坪井は「会社にいる先輩たちを含めた全員をライバルだと思って頑張り、『0.06%』の上場を一緒に目指そう」とエールを送りました。

P4011522_800
新卒社員のみなさんは真剣な表情で話に聞き入っています。

「いろんな人に貢献したい」と意気込み…先輩もエール

IMG_1127_800
辞令交付の後、新卒社員が自己紹介。「仕事を通じていろんな人に貢献していきたい」「友達はみんな就職で本州に行ってしまったが、北海道で頑張る自分を誇りに思えるようになりたい」などとそれぞれ意気込みを語りました。

INDETAILはねこ、カメラ、ボウリング、スイーツなどユニークな部活動や、イベント、メディア、技術向上、新聞の4委員会を設けるなど、本来業務以外の活動も盛んです。入社式では、各部活動や委員会のメンバーも自己紹介して加入をオススメしました。

新卒社員と同期扱いとなる先輩社員もあいさつ。すでに5月には新入社員を交えた同期会が開かれるそうですよ。

みなさんもINDETAILで一緒に働きませんか?

わたしたちINDETAILはシステム開発やゲーム運営のほか、中小事業者のオンライン化を支援するクラウドサービス「Growth Cloud」やショッピングサービス「MOREMALL」など、自社サービスにも力を入れています。当社に興味のある方は採用ページもご覧になってくださいね。