ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

2018年度内定式を開催しました

2017.10.04

2017年10月2日 LABO2にて、2018年度内定式を開催しました!

2018年度内定式 株式会社INDETAIL

今年も本社2階のLABO2を会場として、来春入社予定6名の新卒社員内定式を開催しました。

INDETAILの内定式は、厳粛な雰囲気というよりも、ベンチャー企業らしい少しカジュアルな雰囲気となっています。
10月1日付けでの社員数は150名を超え、大勢のINDETAILの先輩社員を目の前に今年の内定者は終始緊張した様子でした。

今年のアジェンダは、一番最初に内定者のご挨拶

2018年度INDETAIL内定式 内定者挨拶

内定式の開会の挨拶も終え早々に、100名を超える社員を目の前に挨拶することとなった内定者6名。
少し声が震える様子も伺えましたが、力強く、堂々と今後の抱負などの挨拶をしていただきました。

それぞれが学生時代に頑張ってきたことや、INDETAILで頑張っていくという決意が語られ、聞いている側が初心に返るようなひとときとなりました。
2018年度INDETAIL内定式 様子2

社長から、そして取締役からの熱い激励のメッセージ

内定証書の授与を終え、代表の坪井大輔から激励のメッセージが贈られました。
内定式で発表されるメッセージは、代表・坪井自らがスライドを制作し伝えられるものなので、当日まで社員もその内容を知りません。

2018年度INDETAIL内定式 代表・坪井スライド

代表・坪井の想いが、そのままダイレクトに内定者へ伝えられます。

それは、当社の事業説明や概要などではなく、今から入社までの約半年間の心構え、そして入社後も含めた生き方について本質的なことを伝えるメッセージ。

『10代は、大人に向けた学び
 20代は、社会人としての土台
 30代は、未来への自己投資
 40代は、回収と成熟
 50代は、締め括りと引き継ぎ』

「今までは先生や親に頼ってきたことも、これからは自分の責任で生活をしていくことになる」ということを、人生プランを交えて伝える熱い激励でした。

「数ある企業の中から、INDETAILを選んでいただき、ありがとうございます。」

2018年度INDETAIL内定式 様子
続いて登場したのは、「数ある企業の中から、INDETAILを選んでいただき、ありがとうございます。」という御礼の言葉から始まった取締役・宮津です。「人は色々な経験によってできているので、これから色々な経験をしてほしい」というメッセージを軸に、これから社会人になるまでの期間、今しかできないさまざまなことにチャレンジしてほしいと激励の言葉が贈られました。

INDETAIL とはどんな会社?

2018年度INDETAIL内定式 会社紹介

その後は、社長室、事業部、管理部より、それぞれの部署からの視点でINDETAILの紹介がされました。

社長室からは、社員の職種構成比率、事業部構成、社員平均年齢など数字を活用しINDETAILの会社全体のご紹介。そして2017年度の事業方向性のグラフを用いて、今注力して取り組む事業内容などについてのお話。最後に「挑戦できる環境」とスライドに映しだされ、是非さまざまなことに意欲的に取り組んでほしいと伝えられました。

各事業部からは親しみを込めたメッセージ

ビジネスソリューション事業部とゲームサービス事業部からは、それぞれ部署の紹介と、趣味の話なども含めた親しみのあるトークで来年から仲間となることを歓迎するメッセージが贈られました。

最後に先輩社員を代表して、今年2017年度の新卒入社社員より激励の言葉と、先輩として非常に役に立つアドバイス。
それは...
「初任給までの生活費を今から少しずつ貯金しておくように!」
経験と反省をふまえて贈られた内定者への実用的なアドバイスに笑いが溢れ、和やかな雰囲気で内定式は幕を閉じました。

来春、INDETAILの仲間として改めてお迎えするのを楽しみにしています!

内定者の初々しい様子や決意表明を目にし、参加した先輩社員たちも改めて身の引き締まる思いとなった、貴重な機会でした。
内定者の皆さんは、残り約半年の少ない学生生活を思う存分満喫してください!
来年の4月にまたINDETAILでお会いできる日を心から楽しみにしています!