ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

【全12枚】写真で見る、新しくなった会議室。テーマは「品格」。

会議室をリニューアル。改装して生まれ変わった会議室の様子をお届けします。

2017.06.20

株式会社INDETAILの本社(札幌市中央区)のオフィス内会議室を全面リニューアルいたしました。

改装テーマは「PANACHE」(=品格)

この度の改装テーマは、2017年のINDETAILのテーマである「PANACHE」。
フランス語で「品格」を表すこの言葉は、「力強さ」や「華やかさ」を連想させ、その中でも「堂々たる」「貫禄ある」「気迫ある」といった意味を持つ言葉です。

その名の通り、落ち着きを保ちつつ大人でエレガントな空間に仕上がりました。

弊社会議室は全部で3部屋。大会議室が1部屋と、小会議室が2部屋あります。
全ての部屋を一斉に改装いたしましたので、大会議室よりその全貌を写真でご紹介します。

机もイスも一新し、品格漂う大会議室

大会議室は、完全フルリニューアル。内装に加えて、デスクと椅子も一新いたしました。

革張りの椅子とダークな木目が、より重厚感を醸してくれています。
この椅子で最大12名でデスクを囲むことができます。椅子が足りない場合には、補助の椅子のご用意も可能です。

エントランスと調和のとれたディテール


グレイの壁面テクスチャとウッディなドア。
弊社のエントランスでお客様をお迎えしていたデザインが、その先の会議室へと浸透いたしました。

プロジェクターを常設。HDMIケーブルはデスクに格納

天井には、プロジェクターを常設としました。

その真下のデスクの中央部には、HDMIケーブルが格納されています。
すぐにパソコンに接続して大画面で情報共有することが可能です。HDMIケーブルの隣には電源タップもありますので、長時間の打ち合わせでも心配ありません。

プロジェクターを試運転してみました

試しにプロジェクターの試運転をしてみました。

明るさもサイズも充分です。会議室の天井の照明がついているにもかかわらず、スクリーンの視認性に支障はありませんでした。
あえて部屋を暗くする必要もないため、手元の資料とプロジェクターの両方を見ながらの打ち合わせもスムーズに行えると思います。

プロジェクター独特のブルーな空間に包まれると、なんだか気持ちが高ぶってしまいました。

小会議室も内装を統一

ちなみに、2部屋ある小会議室の内装も、大会議室と同様に改装済みです。
ちょっとした打ち合わせなど、弊社スタッフもしばしば利用しております。

おわりに

2017年、ちょうど半年が経とうとしているところで、今年のテーマ「PANACHE」(=品格)を改めて振り返る良い機会となりました。

私たちも、INDETAIL社員としての自覚を持ち、外見・内面ともに品格をそなえた人間になれるようにより一層努力して参ります。

以上、新しくなった会議室よりお届けいたしました。