ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

社員総会レポート2 「来期方針発表」 (総会後半)

2017年5月26日(金)に開催された社員総会の模様を全4回の連載でお送りします。

2017.06.16

2017年5月26日(金)に開催された、INDETAILの年に一度の重大イベントである社員総会。
従業員約150名が一堂に会した第8回社員総会の様子をご紹介する連載です。
その内容を振り返る、全4回連載の2回目は、第1部の社員総会の未来に向けて語られた内容をご紹介します

<連載目次>

  1. 社員総会レポート1 「今期総括」(総会前半)
  2. ⇒ 社員総会レポート2 「来期方針発表」 (総会後半)
  3. 社員総会レポート3 「懇親会」
  4. 社員総会レポート4 「番外編」 (準備から当日の裏方まで)

代表・坪井大輔からの『来期方針』

代表・坪井から『来期方針』が約45分に渡って述べられました。
社長室製作の渾身のスライド、そのページ数は約90枚。

「IT INNOVATION」という1枚の写真から始まったスライドは、今までのIT業界の歴史や流れを今一度振り返り、そして、未来への動向へと続きます。

INDETAILがこれからなにに注力し、どこへ向かっていくのか、中期計画を踏まえた上で、来期の方針として示されました。

代表・坪井の人を惹きつけるプレゼン、そしてそれに耳を傾ける社員の真剣な眼差しがとても印象的でした。

総会終了後の社員アンケートでは、

  1. 2017年度方針を 逆算型で発表されたことに驚きました
  2. 分かりやすかった
  3. 坪井社長の情熱が伝わった
  4. これからの会社の方針も含めて理解することができました

との感想も届き、非常に有意義なビジョンを共有する時間になったと思います。

その後、各部からの方針発表

ニアショア総合サービス事業本部

まずは、ニアショア総合サービス事業本部の発表です。
取締役・金井から、ビジネスソリューション事業部を軸に来期の事業戦略について、より具体的な内容がプレゼンされました。どんな体制で臨むのか、どんなことに取り組んでいくのか、業務フロー図なども交え、丁寧に説明されていました。

スライドの途中、ロールを表すアイコンが各管理職の特徴を捉えたアイコンになっていたりと、小ネタも披露。会場から笑いを誘うなど終始なごやかな雰囲気の中、各メンバーは聞き入っていたと思います。

ゲームサービス事業部

そして次に、取締役・宮津の登場です。

ゲームサービス事業部を軸に来期の事業戦略について、より具体的な内容がプレゼンされました。前期の振り返りから始まった内容は、要点が理解しやすいようにまとめられ、ゲームサービス事業部のメンバーだけでなく、会場全体が理解できるよう工夫されていました。

来期のテーマや具体策が示された際には、ゲームサービス事業部のメンバーが、真剣な眼差しでスライドに目を向けていた様子が印象的でした。

社長室

続いては、執行役員・嶋田より社長室の方針発表です。
「私はINDETAILが好きです。」という、愛社精神の宣誓からはじまった社長室のプレゼンは、部門のミッションから今後取り組む内容などが発表されました。

管理部

そして、最後の管理部の方針発表には、取締役・松橋が登壇。

この時点で総会開始から約3時間。途中10分休憩のみで方針発表を聞き続けている社員への労いの言葉も交えながら発表が行われました。

縁の下の力持ちとなって会社全体を支える管理部の、その存在の重要性を改めて感じられる安定感のある内容となりました。

総会を振り返って

ここまで総会の振り返りを行ってきました。

INDETAILの「未来」をテーマとした今回の第8回社員総会。
次の社員総会で振り返ったとき、思い描いたビジョンに向かって一歩でも前進している姿であるよう、日々取り組んでいきたいと思います。

<連載目次>

  1. 社員総会レポート1 「今期総括」(総会前半)
  2. ⇒ 社員総会レポート2 「来期方針発表」 (総会後半)
  3. 社員総会レポート3 「懇親会」
  4. 社員総会レポート4 「番外編」 (準備から当日の裏方まで)