logo header
logo header
logo header
logo header
  • 2019.09.19
  • Events

ステージにはバーカウンター、まるで公開飲み会!北見で行われた日本青年会議所のイベントに代表・坪井が登壇

2019年9月7日(土)、北海道北見市にて行われた、公益社団法人日本青年会議所北海道地区協議会主催による、第68回北海道地区大会「結の力 ~持続可能な北海道へ~」に弊社代表の坪井大輔が登壇いたしました。

ステージにはバーカウンター。グラスには本物のお酒?

今回のイベントの会場は北見市民会館。
その壇上にはバーカウンターが設けられ、登壇者はそのバーに訪れるお客さんという設定になっていました。


入場ならぬ、“入店”を済ませた登壇者は、飲み物の注文を終えると、バーテンダーに案内されラウンジソファへと席を移します。ちなみに、代表・坪井はノンアルコールビールを注文しましたが、他の方はどうやら本当に注文通りのアルコールが出てきたようです。

セッションスタート。過疎地域、民間ロケット、そして北海道の未来まで

そしてここから、本格的にトークの始まりです。


今回のゲストスピーカーは

  • 稲川 貴大氏(インターステラテクノロジズ株式会社 代表取締役)
  • 木下 斉氏(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス 代表理事)
  • 坪井 大輔(株式会社INDETAIL 代表取締役 CEO)

の3名です。ロケット、地域づくり、ブロックチェーンのスペシャリストがそれぞれにまずは軽く自己紹介を行ったあと、トークはおのずと北海道の話へ。

「北海道は戦後、失敗しかしていない」と木下氏が切り出すと、代表・坪井からは「北海道はあらためてビジョンを作るべき」と続け、稲川氏からは「北海道こそ航空宇宙開発に向いている」など各人の北海道への想いが寄せられました。

また、代表・坪井からは人々が暮らしやすい町が過疎地にできれば、東京から脱出したい人たちの選択肢になる。そうすれば中央集権ではなく自律分散型の社会が必要で、これはブロックチェーンが得意とする思想であると、ブロックチェーンで描ける未来についても語られました。

業界トーク炸裂。あの人気ラジオ「Avanti」を彷彿させる雰囲気

時間を追うごとにどんどんと言葉の掛け合いが活性化され、代表・坪井からは事業売却時の東京と北海道でのリアクションが正反対だったエピソードや、稲川氏からもロケット事業での資金調達の話など、ここでしか聞けないような業界トークも繰り広げられました。

壇上がバーという設定で、業界人の飲み会トークがそのまま来場者の方の目の前で繰り広げられる今回のイベントですが、かつて東京FMで20年以上続いたラジオ番組「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI」を彷彿とさせるとても面白い演出でした。

トークが盛り上がり過ぎてしまった結果、バーテンダーの方からは「そろそろお時間が・・」と退店を迫られ、また、そのとき初めて、用意してきたスライド資料を全く使っていないという事実に登壇者が気づく、という一幕もあり、すこしクスっとするラストにて当セッションは終了しました。

今度はどんな裏話が? 代表・坪井、ラジオ出演が決まりました

ちなみにラジオと言えば、代表・坪井のラジオ出演が急遽決まりました。9月19日(木)18時から放送となります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

【9月19日18:00放送開始】RadioTxTの番組、土屋ホーム不動産Presents「つながるRadio」に代表・坪井がゲスト出演します。
https://www.indetail.co.jp/news/20133/

ともに世界をアップグレードできる、そんな日を夢見て。
Upgrade the World!