ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

新連携認定事業「多言語対応スマートチェックインサービス」の開発に、Oracle Blockchain Cloudを採用

2018.11.13

株式会社INDETAIL(以下INDETAIL)は、宿泊施設における訪日外国人客への対応を支援する多言語対応スマートチェックインサービスの開発を進めており、宿泊予約情報などのデータ管理を行う基盤として、日本オラクル株式会社(以下日本オラクル)の提供するOracle Blockchain Cloudを採用することを発表しました。

なお、当開発は中小企業等経営強化法に基づく異分野連携新事業分野開拓計画「新連携」に認定されております(2018年6月8日)。

サービスの概要

当サービスでは、ブロックチェーンやAIといった先進技術を駆使し、専用のスマートボックスを開発することで、多言語に対応した無人でのチェックイン、および鍵やアメニティの授受を可能とします。

主要機能は以下よりご覧ください。

予約

  • コミュニケーションチャットの自動応答により、スピーディーな予約を実現。
  • 予約完了時にチャット上でQRコードを自動発行。
  • 宿泊予約情報はOracle Blockchain Cloud上で管理。

宿泊施設でのチェックイン

  • QRコードで無人チェックインが可能。
  • AIスピーカーを設置し、QRコードの顧客情報に基づき多言語で対応。
  • 専用のスマートボックスにて、鍵やアメニティの授受を行う。
  • スマートボックスではまた、以下の機能も有する。
    • 利用者の行動分析をAIで行い、在庫最適化などに活用。
    • ボックスの扉自体がデジタルサイネージとなり、天候情報や宿泊利用案内などを配信。

なお、当プレス内容については2018年11月15日(木)・16日(金)に開催されますTechCrunch Tokyo 2018にてご紹介予定です。
※出展は日本オラクルブース内となります。詳しくはこちらをご覧ください

開発の背景

日本全体が人手不足に陥る中、宿泊業界でも人手不足は深刻となっています。また、訪日外国人旅行客が増加傾向にあるものの宿泊施設での外国語対応はいまだ不十分であり、外国人旅行客にとっては十分な情報や満足のゆくサービスが提供されていないのが実情です。

こうした情報不足は、外国人旅行客の宿泊施設利用時のマナーに悪影響も及ぼしており、結果として同施設を利用する日本人旅行客の不満にもつながっています。

本来は、外国語対応に長けたスタッフを配置したいところですが、昨今の人手不足によりそれは容易ではなく地方の宿泊施設となるとその難易度はより一層高まります。

そこで当サービスでは、多言語に対応したチェックインおよびモノの授受を無人で行うことを可能とし、新たに人材を獲得せずとも外国人旅行客の受け入れ実現を図ります。
なお、モノの授受を行うスマートボックスは、多言語対応でのデジタルサイネージ機能も併せ持ち、宿泊利用者に向けた利用案内や観光情報の配信も行います。

「Oracle Blockchain Cloud」の採用にいたった経緯

当サービスでは、宿泊台帳の管理を日本オラクルの提供するOracle Blockchain Cloudで管理します。個人情報を含む宿泊予約情報や決済情報などに対して、確実で安心な取引を実現できる点に着目し、この度Oracle Blockchain Cloudの採用にいたりました。

Oracle Blockchain Cloudは、保存データの暗号化とポイントインタイム・リカバリのための元帳の常時バックアップを活用する高いセキュリティ、柔軟性、拡張性を備えたエンタープライズ要件で求められる機能を実現するプラットフォームです。フルマネージドなPaaS型のサービスで、オープンなブロックチェーン・ネットワーク構築と拡張を迅速かつ柔軟に行え、運用管理もシンプルに行えます。また、セキュアかつ高速なクラウド基盤Oracle Cloud Infrastructure上で展開していること、オラクルが提供するAutonomous Databaseを始めとするPaaSやSaaSとの高い親和性も、サービス展開における今後の拡張や付加機能の提供などで有効であると期待し、採用に向けての検証も予定しています。

一方、INDETAILは、ブロックチェーンを使用した実証実験(PoC)の実施や、UI / UXに優れたスマートフォンアプリケーションの開発実績が豊富にあり、先進性の高い技術を活用した開発を強みにしています。

当開発ではOracle Blockchain Cloudを最大限に活用し、柔軟性、拡張性を備えた効率的な開発や、宿泊施設利用者が安心して個人情報を預けられる高品質なサービス管理・運用を目指します。

日本オラクル株式会社からのコメント

日本オラクルは、INDETAIL様の「Oracle Blockchain Cloud」の採用を大変うれしく思います。エンタープライズ・クラスの高い信頼性や可用性に加え、データ分析などの「Oracle Cloud」のサービス群との連携により、さらに多くのメリットを提供してまいります。今回、インバウンド向けの宿泊サービス基盤として「Oracle Blockchain Cloud」を採用いただきましたが、オラクルの提供する「Oracle Cloud Infrastructure」をはじめとするクラウド・サービスをより活用いただき、INDETAIL様のビジネスに貢献していきたいと思います。
日本オラクル株式会社 執行役員 オラクル・デジタル本部長 本多 充

会社概要

株式会社INDETAILについて

商号   :株式会社INDETAIL
代表者  :代表取締役 坪井 大輔
所在地  :〒060-0042 札幌市中央区大通西9丁目3番地33 キタコーセンタービルディング2階
設立   :2009年1月
事業内容 :ニアショア総合サービス事業
  • ビジネスソリューション事業<Blockchain / AI・戦略立案・開発>
  • ゲームサービス事業<ソーシャルゲーム運営・データ分析・開発>
URL   :https://www.indetail.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社INDETAIL
TEL:011-206-9235
E-mail:info@indetail.co.jp

※機能や仕様は一部変更になる場合がございます。
※本資料に記載の製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
※OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。