ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

ニアショア開発ならではの課題や工夫を共有する交流会!INDETAIL × fork 合同勉強会 Vol.2

2017.11.01

2017年10月18日(水)に、INDETAILの札幌本社フリースペースLABO2にて、株式会社forkさんをお招きし、合同勉強会を開催いたしました。

今回のテーマは、「ニアショア開発のあれこれ」です

fork×INDETAIL合同勉強会 01

INDETAILではWebシステムやアプリの開発とコンサルティング・ソーシャルゲームの運営を主な事業としておりますが、forkさんはWebプロモーションやWeb制作をメイン事業とされています。

強みとする領域が違うがゆえに学び合えると考え、技術に特化しすぎないテーマを扱いたいという狙いがあり、あえて「あれこれ」と幅広いテーマでの勉強会を企画いたしました。

forkさんからは、取締役拠点開発担当役員・大沼智博氏をはじめたくさんの社員の方にお越しいただき、INDETAILからは12名の社員が参加しました。

発表者の実務経験や開発事例をもとに、両社の社員がどのような工夫をして実務に取り組んでいるのか、クライアントとのやり取り等を中心に「現場の生の声」を引き出せる勉強会となりました。

まずはお互いの会社紹介から

fork×INDETAIL合同勉強会 02

fork・大沼氏と、弊社マネージャー・巻は、3年前にOSC(オープンソースカンファレンス)で知り合い、意気投合し情報交換をしていました。2年前には、フロントサイドの技術系勉強会を合同で開催した実績があるため、今回は第2回目の合同勉強会となります。

fork×INDETAIL合同勉強会 03

forkさんとの合同勉強会は2回目ということもあり、メリハリがありながらもフランクな雰囲気の勉強会となりました。

fork×INDETAIL合同勉強会 04

発表は各社から4名ずつ、1人10分を持ち時間として、forkさんとINDETAILの社員が交互に発表と質疑応答を行いました。

fork×INDETAIL合同勉強会 05

INDETAILの外国籍メンバーによる発表では、社内で語学研修を受けた成果についてお話ししました。

緊張しながらも、皆さんからの反響もよく、今後の成長に向け自信につながりました。

今回はエンジニアによる勉強会ということで、開発に関する専門的・実践的な発表や質問がメインでしたが、その他にもお客様と直接お会いしない環境で仕事をすることが多い「ニアショア企業」ならではの本音や課題、工夫していることなどを話し合うことができました。

例えば、離れた相手とイメージを共有するためにどうしているか、温度感や細かいニュアンスを伝え、汲み取るために日々意識していることなど、ニアショア開発における現場の生の声を共有することができる勉強会となりました。

発表テーマと概要

■VPNを利用したニアショアLABO開発の紹介(INDETAIL)

  1. ニアショアLABO開発のVPNについて
  2. 遠隔地の開発環境で利用するVPNのメリット/デメリット
  3. 札幌⇔東京の距離を感じさせない為に工夫している事例紹介

■Githubの導入と今後の展望(fork)

  1. Githubの導入経緯事例

■SESを経験して(INDETAIL)

  1. SES契約での業務の概要
  2. SESを経験しての気づき発表

■ニアショアあるある(fork)

  1. ニアショアあるある事例紹介

■ラズパイでLT ~ラズパイの性能を少し覗いてみる~(INDETAIL)

  1. 自社のHPを用いたラズパイの性能の紹介

■コントロール+Sで終わらせるワークスタイル(fork)

  1. 面倒なことは解決できる!コントロール+Sの活用方法

■働きながら感じたこと(INDETAIL)

  1. 外国籍の社員による研修内容や働きながら感じたことの紹介

■東京から札幌に転勤してきて感じたこと(fork)

  1. 実体験を通した転勤前後の感想
  2. 仕事内容の変化とニアショア開発での課題

次回に向けて

fork×INDETAIL合同勉強会 06

数年前からはじまったforkさんとの交流ですが、合同勉強会を開催するに当たってお互いに考えたことは「一度きりの開催にしない」「交流を継続すること」でした。

回を重ねる事で生まれる学びや気づきを大切に、次回の開催に向けて構想を考えたいと思います。

合同勉強会にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

mattsu

【人事担当】道内法人で労務管理から財務経理まで幅広く従事後、入社。 新作チェックは欠かさない、お菓子好きです。