スマートフォンアプリ開発、webシステム開発の株式会社INDETAIL

『 30代若手経営者の挑戦!!』OBS MBA会交流会 講演レポート

2016.11.09

OBS MBA会交流会にて弊社の坪井が講演しました

OBS 01
平成28年11月3日(木)に札幌市内にて開催された、OBS MBA会主催の「 第10回 MBA会交流会」にて弊社代表取締役社長 坪井が講演をさせていただきました。

OBSとは

OBSは「小樽商科大学大学院商学研究科アントレプレナーシップ専攻」の通称です。坪井はOBSの第7期修了生となります。

"小樽商科大学大学院商学研究科アントレプレナーシップ専攻(通称 OBS)は、ビジネススクールとして2004(平成16)年4月から専門職学位課程を提供しています。当課程を修了されると、経営管理修士(Master of Business Administration;MBA)の学位が授与されます。"

出典:OBSについて「専攻長のご挨拶」より

MBA交流会とは

「MBA会交流会」は、修了生・在学生・関係教員の方々が交流を図ることを目的として例年開催されている交流会です。

毎回、期を越えた交流、業種を越えた交流、在学生と修了生との触れ合いによる相乗効果を期待した様々な企画が行われています。

今年は 「30代若手経営者の挑戦!!」として修了生2名が登壇

メディカルツーリズム・ジャパン株式会社 代表取締役 坂上 勝也様(OBS9期)

OBS 02

坂上様は平成22年10月に北海道札幌市を本社とし、メディカルツーリズム・ジャパン株式会社 を起業。メディカルツーリズムという医療業界における新しい事業分野でビジネスを立ち上げされた経営者の方です。

また、シップヘルスケアホールディングスから社内起業にて独立されたというご経験をお持ちです。

メディカルツーリズムとは、居住国とは異なる国や地域を訪ねて医療サービス(診断や治療など)を受けることを意味します。一般的に「医療観光」 と訳されますが、実際には「観光」をするのではなく「医療」が目的です。

今後の成長が期待される新しい分野で、世界への医療貢献を掲げ事業拡大を遂げているとのことで、現在は中国・ロシアへの事業展開など、新たなへの事業拡大も検討し動きだしているそうです。

起業時から今に至るまでのご経験談、特に「社内起業」にまつわる話題や、海外と日本の治療費の差など、メディアではあまり聞く機会の少ない貴重なお話しをされておりました。

株式会社 INDETAIL 代表取締役 坪井 大輔(OBS7期)

OBS 03
坪井からは、「ベンチャーから見たベンチャー」「起業家から見た起業家」という観点で講演を行いました。

ベンチャーは異質な存在でなければならない、また社会的に重要な役割を担う存在であると考えていること、そして起業家から経営者への組織論など「新種の種」や「アーティストとプロデューサー」などに例え、お話ししました。

また、INDETAILの事業紹介、現在の取り組み、組織における考え方、そして今後の展開をご紹介させていただきました。

質疑応答では、弊社の事業軸であるニアショア事業モデルについてご質問がありました。

ニアショア事業モデルとは「首都圏で行う必要の薄いビジネスを地方で行うことで収益を上げる」ビジネスモデルです。

最近では、首都圏のお客様からシステム開発案件などをお任せいただくことが多く、高い品質ながら地方ならではの価格というコストパフォーマンスの良さで大変ご好評いただいております。

「どのように首都圏と同等の"品質"を作っているか」「北海道の方が首都圏より優っているところはどこだと思うか」などのご質問に、経験をふまえてご回答させていただきました。

会場の雰囲気

OBS会場の雰囲気
講演中はメモを取りながら熱心に聞いてくださる方も多く、ご参加された皆様の意識の高さや情熱などが感じられ、MBA会交流会の趣旨にふさわしい知的交流の場となっておりました。

交流会のあとには懇親会も行われました。多くのOBS修了生や教授の方々との交流を持ち、坪井自身も考えをより深く掘り下げまとめる良い機会となったようです。

各種講演のご依頼、お受けしております

当社ではこの他にも様々な講演経験がございます。
・ベンチャー企業からみたベンチャー起業論
・ローカルビジネス/地方活性化
・ニアショア事業モデル
・地方で起業して戦うには(著書「ローカルビジネスで生きる」
などに関するテーマでの講演依頼がございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

関連タグ: