logo header
logo header
logo header
logo header
  • 2014.04.11
  • 技術ブログ

タイトル最適化でアクセス倍増!公開前にチェックするべき3つの事

title

どんなに苦労をして作り上げた良質なコンテンツであっても、検索で上位表示されなければそのコンテンツが読まれることは難しくなります。

その原因の多くは、コンテンツが最適化できていないことにより、適切な評価をされていないことが原因です。

そこで今回は、コンテンツへより多くのアクセスを集めるために、最も重要と言える「タイトル」を最適化するときにチェックしたい3つのポイントをご紹介したいと思います。

これだけでも大きな差が出ますので、ぜひ実践してみて下さい。

チェックするべき3つのポイント

タイトルは28文字~32文字が望ましい

タイトルがGoogleの検索結果に表示されるのは28~32文字です。タイトルの文字数はこれまでは32文字以内が望ましいとされていましたが、3月からGoogle検索のデザインが変更され、現在では「幅512pxのブロック要素にできるだけ多くの文字を表示する。」という仕様になっています。

この仕様は、検索結果が検索キーワードとマッチした場合の強調(太字)や、フォント、OS、ブラウザにも影響され文字数が決まりますので注意が必要です。

どんなに素晴らしいタイトルであっても表示されなければ意味がありません。可能ならば全て表示される28文字以内に収めると良いでしょう。

上位表示したいキーワードを複数入れる

キーワードは複数設定することで関連性が強まり、上位表示されやすくなる傾向があります。

表示させたいキーワードを適切にタイトル内へ盛り込むと良いでしょう。

読み手に利益が伝わるように

人はその記事を読む事で自分の抱えている疑問や悩みが解決すると感じるタイトル記事をクリックします。「得られる利益」を最大限に強調することで、「検索結果ページに表示された時のクリック率」「ソーシャルメディアでの拡散度」へ大きな影響を及ぼします。

「これは凄い」のようなキラーフレーズを入れた煽りタイトルも効果はありますが、内容が伴っていないと「釣り」と判断されますので注意が必要です。

おわりに

これら3つのポイントを意識してタイトルを最適化するだけで、アクセス数が数十倍になることは決して珍しいことではありません。

アクセスを増やしたいけどどうしていいか分からないという方は、まずはタイトルの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

ともに世界をアップグレードできる、そんな日を夢見て。
Upgrade the World!