ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

腕時計型の素敵なガジェット

2015.03.30
iwaboo

4/10に予約開始、4/24に発売が発表されているApple Watch。既にiOSアプリの中には、Apple Watch対応を謳っているものも出てきており、個人的にもとても楽しみにしています。

さて、Apple Watchに先駆けて、腕時計型デバイスのAndroid端末が既にモトローラやLGなど各社から発表されていますが、腕時計型デバイスの歴史は何もここ数年の話ではありません。
そんな歴史に足跡を残す端末が多数ある中、1990年代後半に、極々限られたマニアに愛されたデバイスがSII社から発売されていた、Ruputerです。
(本家のURLは既にメンテナンスされていないようだったので、Web上の記事にリンクしました)

時代も時代ですので、無線LANやBluetoothでの通信機能はなく、今は懐かしい赤外線を使ってデータのやりとりをしていました。

基本的にPCを母艦と想定し、専用のドックを使って母艦とPIM(スケジューラーやアドレス帳)の同期など、今ならばさほどびっくりしない機能を既に搭載していましたが、極々限られたマニアの心を尤もくすぐったのは、このガジェットがプログラマブルだったことでしょう。

1990年代後半といえば、日本国内ではLinuxがようやく一部マニアに認知され始めた頃で、開発環境がフリーで配布され、好きにガジェットにインストール出来るというのは、当時としては画期的でした。自分も購入して数ヶ月は、役に立つような、立たないような、何の変哲もないプログラムを作っては、インストールしていた記憶があります。

残念ながら(?)自分は飽き性なので、半年もすればすっかり別のガジェットにハマって当時購入したRuputerが今、家の何処にあるのかすらわからない状態になってしまいましたが、
Apple Watchの発表と同時に、少し懐かしい気持ちでかつての素敵ガジェットの思い出に酔いしれてしまいました。

iwaboo Genki Iwashita

[主な職種 PGM(プログラムマネージャ)] 試される大地在住。 最近はマネージメントのお仕事が中心だけど、心はいつもプログラマ。

「いいね」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できます。