logo header
logo header
logo header
logo header
  • 2015.05.08

腕時計型の素敵なガジェット 2015

前回は少し世の中の話題に斜に構えて昔話をしてしまいましたが、やっぱりゲットしましたAppleWatch。

使用感ですが、やはりバッテリーの減りはネットで色々言われている通りで、いろいろいじり回すとあっという間になくなってしまいます。使い方は人それぞれだと思いますが、場合によっては、自宅だけでなく出先やオフィスでの充電環境は必須だと思いました。

時計としてみた場合は、可もなく不可もなく、でしょうか。時計アプリをサードパーティからは出せないという話なので、プリセットのスタイルから自分の好みにあったものを選ぶ必要がありそう。

iOS向けアプリで続々と対応を表明しているものがありますが、今のところは個人的にクリティカルヒットしたものはないです。SkypeやHallなど業務で使っているツールが続々と対応を発表していますが、見るだけではなく応答を要するというところを考えると、なかなかAppleWatchで完結するのは難しい。Skypeで応答するのに、腕時計に向かって延々と話しかけている人がいたら、やはり今の日本では奇異の目に晒されるでしょう…

電話についてもやはり同様と言わざるをえません。確かに、機能としては感激するのは間違いなく、時計で電話の応答できるのは最初は、「すわ、戦隊物の世界観が現実に!」とはなります…なるのですが。

業務なりプライベートなり、AppleWatchのスピーカーで相手の声が周りに響き渡る現実を考えると、その機能を遺憾なく発揮するシーンというのは限定されそうです。実は私もAppleWatch購入早々、コンビニでの買い物中にお客さんから電話がかかってきたのですが、状況的にAppleWatchで受話するとはいきませんでした。

ちょっと、ディスり気味の内容となってしまいましたが、ガジェットとしてはやはりワクワク感は半端ないです。ウェアラブルデバイスの歴史では、エポックメイキングとなるのは間違いありません。今後、是非このデバイスの可能性を活かすアプリやサービスが出てくる事を祈るばかりです。

ともに世界をアップグレードできる、そんな日を夢見て。
Upgrade the World!