ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

【準備編】Raspberry Piで作ろう!手作りスマートミラー

2016.03.17
tacck

別の記事で触れられていますが「ハードウェア・組み込み部」の部長としてひっそりとRaspberry Piで遊んでいるtacckです。

こんな感じ。

そんな中、こちらの記事の「スマートミラー」というものを弊社の広報から教えてもらいました。

「これは面白そう!」と、私の中で話題となったので、実際に自分で作ってみることにしました。

第1回:準備編 ←今ここ
第2回:センサー編
第3回:コンテンツ作成編
第4回:完成編

目標

Raspberry Piを使うので、せっかくならユーザーが操作できるインターフェースを付けようと思い、
「タッチで操作できるスマートミラー」
を目標とします。

より具体的には、

  • 鏡越しに情報出力
  • (全面だと大変なので)鏡の一部をタッチしてコンテンツ変更

を行えるスマートミラーを作ってみたいと思います。

制作方針

上記の目標に沿って、まずは入手するアイテムの検討を行います。
まず必要なのは、

  • Raspberry Pi
  • モニター
  • マジックミラー
  • タッチセンサー

ですね。
これらを入れるケースをどうするか、ということもありますが、まずは動いて使えるものを作る方向で進んでいきます。

制作

その1 モニターとマジックミラー

今回は、第一弾として液晶モニターの入手と、マジックミラー越しに画面表示をやってみたいと思います。

画面は、大きすぎず、小さすぎず、のお手頃なサイズとして10インチ程度のものを探し、こちらを入手しました。

参考:
制御ボード詳細 http://www.vslcd.com/Specification/M.NT68676.2A.pdf
液晶パネル詳細 http://rabbit-note.com/wp-content/uploads/2014/08/B101UAN021.pdf

10.1インチながら、WUXGA(1900x1200)の解像度で非常にキレイです。
MacBook Pro 13インチに接続し、並べてみました。サブモニターとして使うとちょうど良いサイズです。

ただし、電源にAC12V必要なため、Raspberry Piとあわせて電源が2種類必要になります。
こちらは、画面サイズが7インチですが同じくWUXGAの解像度であり、電源もUSBで供給できるので、Raspberry Piと電源をそろえることもでき、持ち運びもしやすそうです。
今回は、持ち運びはあまり考えずに、「扱いやすい据え置き」、という観点で10.1インチのモニターで進めていきます。

では、こちらの液晶モニターにマジックミラーを被せるとどうなるか見てみましょう。
今回は「はざいや」さんという、アクリル素材の販売会社さんを利用させていただきました。
こちらで、マジックミラー加工したアクリル板を購入しました。

被せる前にRaspberry Piをモニターにつないだ状態。

マジックミラーを被せた状態。(モニターの電源オフ)

マジックミラーを被せた状態。(モニターの電源オン)

マジックミラーの裏側全体が暗ければ、きちんと鏡っぽくなりそうです。
そのうえで、モニターの電源が入っていればモニター部分はきちんと映るので、ベースとして問題はなさそうです。

次回はセンサー編として、タッチセンサーを利用できるようにしたいと思います。

tacck Takuya KIHARA

エンジニア (モバイルアプリ、フロントエンド、バックエンド、インフラ) 得意なことは、領域をまたいで考え、開発すること。 ブログでは、主にAnsible、Docker、Raspberry Piのことを書いています。 好きなフィギュアスケートの技は、スプレッド・イーグルです。

「いいね」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できます。