ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

空間認識能力が低い人のUnity開発記録〜チュートリアル編(1)〜

2015.09.24
zuka

車で大福を買いに行ってバックしたら電柱に思いっきりぶつけた、というくらい空間認識能力が低いzukaです。

ユニティちゃんを自在に動かすという目標に向かって、今回も地道にUnityを学んでいきます。

その前に、Unity 5.2がリリースされていましたのでアップデートしておきます。
リリースノートを見てみると、機能追加や様々な変更が入っています。

ではいよいよUnityで開発開始です!
早速ユニティちゃんを…といきたいところですが、まずはUnityでモノを動かすにはどうするのか、など基本的なところを身につけたいと思います。
最初から難しいことをやろうとすると、途中で挫折しかねません…。

闇雲にやっても仕方ないので、まずはこちらの「はじめてのUnity」を一通り進めることにします。

0.プロジェクトの作成は記載されている手順に沿えば、特に引っかかるところはないです。
1.ステージを作成で「Plane」というオブジェクトが使われています。
「Plane」は板状の図形のようです。地面や壁に使用するようです。

「地面を並べる」の章でDeplicateしたオブエジェクトを移動するため、「「オブジェクト移動」モードへ変更します」と記載があります。「オブジェクト移動モード」にするには、以下のボタンを選択すれば良いです。あとは「Scene」ビューでクリックしながらPlaneオブジェクトを移動させます。

unity03_01

…なんだか早速残念な感じになってきました…。

unity03_02

しかし悲しむことはありません。次の章「四枚のPanelを設定」で値を設定することで、整然と地面が並べられます。
手動での移動はわけがわからなくなってしまうので、今後は値の設定で何とかしていこうと思います…。

unity03_03

長くなってきたのと、3Dに翻弄されかけたので今回はここまでとします…。
ユニティちゃんへの道も一歩から。
ということで、次回はチュートリアルの続きを進めたいと思います。

zuka

エンジニア。 肉とスイーツが大好物。

「いいね」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できます。