logo header
logo header
logo header
logo header
  • 2014.08.22
  • 技術ブログ

Idobata を活用して、チーム開発のコミュニケーションを円滑に!

アイテック北海道では、社内のコミュニケーションツールとして
グループウェア(desknet's)、Skype、Idobata などを活用しています。

今回は Skype 同様に無料で利用でき、開発も活発化してきている
グループチャットツール、Idobata についてご紹介します。

Idobata で何ができるの?

Idobata はチーム制でのソフトウェア開発をターゲットにしたグループチャットで、
通常のチャット機能の他、GitHub などの開発ツールとの連携や、Bot 連携など、便利な機能がたくさん提供されています。

アイテックでもいくつかのプロジェクトが Idobata を導入しており、Jenkins のビルド結果を Bot 通知するなど、色々な使い方を試しています。今では開発業務に欠かせないツールの一つです。

導入手順

アカウントを作成する

最初に、Idobata のアカウントを作成しましょう。

https://idobata.io/ にアクセスし、ユーザー名・メールアドレス・パスワードを入力します。
idobata_top

Idobata_アカウント登録画面

以下のような Welcome 画面が表示されたら、アカウント作成は完了です!

idobata_welcome

Organization を作成する

"organization=組織、団体"などの意味がありますが、アイテックではプロジェクト単位で作成する事が多いです。Organization の中に、複数のチャット部屋が作成できます。

Welcome 画面の「create a new one.」リンクをクリックします。
idobata_welcome_2

Name・URL を入力します。今回は「itec_blog」という名前にしました。
idobata_create_organization

Organization が作成されました。現在参照している Organization は画面左上に表示されます。
次に room(チャットルーム)を作成しましょう。
idobata_create_room

room を作成する

今回はレビュー用のチャットルームを想定して「review」を作成します。
idobata_create_room_2

Organization の下に「review」というチャットルームが追加されました。
画面下の入力欄からコメントの投稿ができます。
idobata_room_1
idobata_room_2

メンバーを招待する

他のメンバーをチャットルームに招待しましょう。
画面右上の「ROOM SETTINGS」より、チャットルームの設定画面を表示します。
idobata_invite_1

「Invitation」の「Enable guest invitation」をチェックにすると、招待用のURLが生成されるので、追加したいメンバーに連絡します。
idobata_invite_2

メンバーが追加されました!
idobata_invite_3

書き込みは通常のテキストの他、画像や markdown での codeblock も記載できます。
idobata_talk

最後に

Skype と比較すると、ファイル添付できない・通知が滞る場合がある等、気になる点もありますが、それを上回るメリットが Idobata にはあると思います。
興味を持っていただいた方は、ぜひプロジェクトで導入してみてください!

Idobata の最新情報は、facebook や開発ブログから確認ができます。
https://ja-jp.facebook.com/idobata.io
http://blog.idobata.io/

ともに世界をアップグレードできる、そんな日を夢見て。
Upgrade the World!