ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

エンタープライズ向けのブロックチェーンである、Oracle Blockchain Cloud Service

2018.12.07
Pankov Oleg
※本記事は、Oracle Cloud Advent Calendar 2018の一環として投稿しています。

手作業からBaaSに

ブロックチェーンのニーズやマーケットが日々増加しつつあり、ワークフローへブロックチェーン技術の導入を考えている中小企業の経営者や開発者がさまざまな課題と戦っています。設定が簡単で、すぐに全てがうまくいくようなプラットフォームがあれば、企業に対して時間や人件費が減少するのがもちろんなことで、導入プロセスがより快調になります。

そのような課題の解決方法として、多くのIT企業がマーケットのニーズに合わせて、サービスのプロバイダーとしてブロックチェーンに目を向けまして、独自のBaaS (Blockchain As A Service)プラットフォームの構築をはじめました。

オラクル社からのソリューション

オラクル株式会社は、データベース管理システム(DBMS)を中心とした企業向けソフトウェアの開発、販売でよく知られています。このような技術的なバックグラウンドを持ち、Blockchainをより広く採用するためには、それぞれに新しいインフラストラクチャを立ち上げるために多くのユース・ケースのあるプラットフォームが必要であることを理解して、Oracle Blockchain Cloud Service(以下OBCS)というBaaSを構築することを決定しました。

マーケットを全体的に見ると、一般的なエンタープライズグレードの要件が共通しています。それは高可用性、スケーラビリティ、サポート性、管理、セキュリティ、再利用できる状態にする必要があります。
OBCSは、認証サービス(CA)とオーダリングサービスと検証ノード(ピア)によって構成されるプラットフォームを提供します。検証ノードは、ブロックチェーン上で実行されるビジネスロジックであるスマートコントラクトコードを実行することによってクエリに応答すると台帳を更新するという機能を実現します。外部アプリケーションは、クライアントSDK、またはREST APIを呼んでトランザクションを送信するかクエリを実行します。これにより、選択したピアにスマートコントラクトの実行を促します。複数のピアは、結果を承認(デジタル署名)した上でオーダリングサービスに送信されます。オーダリングサービスでコンセンサスに達した後、取引結果は暗号化され、ブロックにグループ化され、査定されるためにピアに送信され、最終的に台帳に追加されます。

サービス管理者は、OBCS Webコンソールを使用してブロックチェーンを構成し、その動作を監視できます。

・・・汗

このような手間がかかる複雑な作業をOBCSに任せられるとありがたいことですよね。

OBCSを使用して簡単なインスタンス作成手順を完了すると、その後Oracleはサービス管理、パッチ適用、バックアップと復元などのサービスライフサイクルタスクを処理します。
ではOBCSを使うメリットは何でしょうか?

OBCSの使用メリット

インフラストラクチャではなくスマートコントラクトコードの開発に重点を置ける

Hyperledger Fabricベースのプロジェクトを開始する場合、最終的には、何よりも質の高いスマートコントラクトコードの開発に重点を置きます。これは、Hyperledger Fabricの場合、チェーンコードと呼ばれます。
実際にこのコードの開発に着手する前に、OBCSを使用しない時にはインフラストラクチャに関する多くの作業を行う必要があります。仮想マシンやサーバーの管理などのさまざまな設定を一般的に行います。OBCSを使用することで、OBCSにインフラストラクチャの仕事を担当させ、それより重要な部分に焦点を当てることができます。
OBCSを使用すると、新規Hyperledger Fabricブロックチェーンネットワークを簡単にセットアップでき、数分でスマートコントラクトコードを開発する準備が整います。

インフラストラクチャの簡単なセットアップ

以上の項目で説明したように、OBCSを使用せず、新規Hyperledger Fabricネットワークを設定することは間違いなく難しいことです。もしそれを行う場合、インフラストラクチャ担当の社員は新しいプラットフォームの学習に多くの時間を費やす必要があります。その時間をおそらく他の重要なビジネスに費やすのが適切だと考えます。
OBCSを使用することにより、インフラストラクチャチームが担当する範囲はOBCSを管理することに限られます。ごく簡単で、決して挑戦が必要なものではありません。
ただし、当然なことに、Hyperledger Fabricの基本理解は常に必要です。

学習曲線が減少

最近、ブロックチェーン、特にHyperledger Fabricはますます普及しています。これは、多くの企業や開発者がこのテクノロジーを使い始めることに興味があることを示しています。一番大きな課題は、最初はこれが大きなチャレンジのように思えるかもしれないということです。このため、Hyperledger Fabricに、挑んでいないくて、多くの企業は挑戦を避けています。
OBCSを使用することで、学習曲線が大幅に減り、すべての企業や開発者が新しいブロックチェーンプロジェクトを開始し、世界を変革させる準備ができています。

PoCフレンドリー

ブロックチェーンは現在非常に普及しています。しかし、現在ブロックチェーンのプロジェクトを始めたほとんどの企業ではブロックチェーンで可能なことをテストして確認するために、主にブロックチェーンのPoCアプリケーションを開発しています。PoCを開始している企業は、新技術に関する数週間から数カ月の教育の時間を費やすことを望んでいません。素早くセットアップし、結果を早く見たいと思っています。
つまり、OBCSはあなたのためのすべての面倒な仕事をやってくれます。

BaaS道。ブロックチェーン開発の将来

ブロックチェーンの理想的な使用方法は、参加者がコンソーシアムに集まって、ビジネスインテリジェンスを共有することなく相互運用する方法を提供することです。
ブロックチェーンを採用するか決定する前に、すべての企業がいくつかの質問に答える必要があります。想定しているアプリケーションは実際にはブロックチェーンベースのシステムで意味があるか、複数の関係者が協力して解決しなくてならない信頼問題があるかどうかということです。
独自にネットワークを構築することができない場合、OBCSは、ブロックチェーンソリューションをテストしたり、実際のプロダクションにも使用できる、低コストな解決方法です。

Pankov Oleg Pankov

オレグと申します。ロシアから来ました。Indetailのブロックチェーンチームのメンバーです。

「いいね」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できます。