ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

iPhoneのウィジェットのおかげで、1日のタイムスケジュール把握がすごく簡単になった話

2018.05.07
CAMI

去る2018年3月1日。INDETAILは、「ブロックチェーンフェスティバル 2018 in SAPPORO」というイベントを開催しました。

撮影スタッフとして運営サイドにいた自分ですが、前日にひとつ悩みがありました。

「明日は1日撮影だ、重たい一眼レフに予備レンズも持ちながらで、細かいタイムスケジュールをA4のリーフレットで都度確認するのは大変だなぁ。手は2本しかないし。」

そうだ、iPhoneがあるじゃないか

そこで、iPhoneでこれを解決しようと思い立ちました。
iPhoneなら片手で取り出して、片手で見ることができます。

最初はリーフレットに印刷されているタイムスケジュールを写真にとって、それで確認しようかな、とも思いました。

が、実際試してみると

  • 写真だと字が小さくて読みづらい
  • 参加者向けなので、運営サイドの予定がわからない(会場設営など)

というデメリットがありました。

Googleカレンダーに各スケジュールを登録した

次に思いついたのが、Googleカレンダーアプリへの登録です。

普段から同アプリで予定を管理しており、翌日のブロックチェーンフェスはもちろん登録済み。
しかしそれは、「終日」の「ブロックチェーンフェス」という1つだけの登録でした。

その登録を削除し、全てのタイムスケジュールを細分化して登録することにしたのです。
そうすることで、このように「会場設営」などの運営としてのスケジュールも把握できるようになりました。

そして、当然ながらスマホアプリなのでスマホで見やすくなりました。

iPhoneのウィジェット設定で、飛躍的な便利さに。

これだけでもよかったのですが、GoogleカレンダーをiPhoneのウィジェットと組み合わせることで、ここから飛躍的な便利さを見せることになりました。

その前に、ウィジェットって?

ウィジェットをご存知ない方のために解説すると、ウィジェットとはiPhoneのホーム画面を右にスワイプしたときに出てくる画面です。

このウィジェット画面は自由にカスタマイズできるようになっており、ウィジェットに対応しているアプリをこの画面に表示させることで、ホーム画面から「スワイプひとつ」で、ウィジェット対応アプリの機能を閲覧したりすることができます。

ウィジェット上にGoogleカレンダーを表示すると?

自分はいつもウィジェット画面の一番上に、「Googleカレンダー」を設置しています。

はい、するとどうなるかというと、ホーム画面から「スワイプひとつ」で直近の予定を確認できるようになっているのです。

こんな風に・・・

どうですか、めちゃくちゃ簡単ですよね。
※動画内に表示される予定はフェス当日のものではなく、動画を撮るために仮で登録したものです。

ノールックでもいけるじゃん!

指紋認証でiPhoneロック解除をしている身としては、慣れてしまえばiPhoneを見ずしても、ウィジェット上のタイムスケジュールを表示までいけちゃいそう。

「スワイプひとつで」というおおざっぱなシンプルさで、とにかく楽ちんになりました。

当日、その威力をさらに思い知ることになる

そして迎えた当日、タイムスケジュールの確認がとても楽になったのをよいことに、余計に確認したがる自分がいました。そして実際に使ってみると、さらにさらに2つの使い勝手の良さに気づいてしまったのです。

その1:「5分前に通知してくれる」

Googleカレンダー登録時に、すべての予定は5分前に通知するように登録してあったのですが、スマホに登録していたおかげで「通知」という恩恵を受けられたのです。

要所要所で写真を押さえなくてはいけないポイントがあったので、この5分前通知はとても心強いものになりました。

その2:「済んだ予定から、どんどん消えていく」

また、経過した予定はウィジェットからもリアルタイムに消えていってくれるので、ウィジェットの一番上だけ見ていれば、次の予定がなにかを一瞬で把握できる、というメリットもあったのです。

スケジュール通りの身のこなしが可能に

イベント序盤にこの2つの威力に気づいたことにより、今日は完璧だ、みたいなひとり無双状態になりながら調子よく撮影。
リハーサルの際に、「第3部の最後に集合写真撮るから待機してて」と受けていた指示も、「通知」のおかげで時間どおりに指定場所で待機。

いまかいまかとそのタイミングを待っていたのですが、なんとなんとキューが出ないままに第3部が終了・・・アレレ。
(おそらく忘れ去られてしまったのでしょう。存在感の無さをどうにかしなくては。)

最後に:ウィジェットのカスタマイズ方法

とても便利だった、Googleカレンダーとウィジェットの組み合わせなわけでしたが、最後にウィジェットのカスタマイズ方法をご紹介します。

  • ホーム画面を右にスワイプ
  • 表示されたウィジェット画面を一番下までスクロール
  • 「編集」を押す

Googleカレンダー以外にも、たとえば「メール」や「メモ」や「Shazam」なんかも対応していますので、よく使うアプリがウィジェットに対応していればぜひ設置してみてくださいね。

そして、Googleカレンダーといえば、先週andashくんがすてきなジェネレータを作り上げてくれたので、そちらもぜひご覧ください!激プッシュです。

Googleカレンダーに予定を追加するリンクを、自動で生成するジェネレータを作ってみた
https://www.indetail.co.jp/blog/180420/

また、ブロックチェーンフェスってなに? という方は当日の模様を以下からご覧いただけます。
【全35枚】写真で振り返る「ブロックチェーンフェスティバル 2018 in SAPPORO」
https://www.indetail.co.jp/pr/180307/

CAMI

キーボードショートカットをマスターするのが好きです。

「いいね」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できます。