ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

アクセス解析が超スマートに! Google Analyticsの魔法のようなショートカット

2018.03.12
CAMI

Google Analyticsを利用していると、日々の増減や本日のみの数値など、集計期間をコロコロ変えてデータを見ることがあります。

この「期間の変更」ですが、実はなかなかにストレスな操作なんです。

画面上にある小さなカレンダーで、これまた小さな日付をチマチマとクリックしなくてはならず、何度やってもわずらわしい・・・。

そんな中、この作業をキーボードショートカットで行える裏技を見つけました。
使ってみると、 非常に便利でしたので、Google Analytics使いの方にぜひ紹介したいと思います。

「dt」と打つと、「本日のみ」のデータを見られる

たとえば、「本日のみ」のデータを見たいとき、「dt」と2つのキーボードを連続して入力します。

すると、集計期間が以下のように「本日のみ」となって集計されます。※Shift や Ctrlを一緒に押す必要はありません。

同じことをマウスクリックだけでやろうとすると、4クリックもかかってしまい、決して一瞬では行えません。

その点「dt」という物理的なキーボードでの操作は、「早い&確実」なのです。
「今日アップした記事、どれくらい見てもらえたかなぁ」などと思ったときに、すぐに本日のみのデータを見ることができ大変重宝しています。

他にも、直近「7日」や「30日」に絞れたり、期間の「比較」も!

「dt」以外にもキーボードショートカットは用意されています。
そのラインナップをご紹介しましょう。

※すべて「d」から始まる2~3キーで構成されています。「day」の頭文字、とでも覚えましょう。

  • dt : 本日のみ
  • dy : 昨日のみ
  • d7 : 直近7日間(当日は含まず)
  • d30 : 直近30日間(当日は含まず)
  • dw : 先週のみの7日間(日曜~土曜)
  • dc : 前の期間との比較、およびその比較を解除
  • dx : 昨年の同期間との比較、およびその比較を解除

今のどうやったの?と聞かれるかも?

プレゼンや先方との打ち合わせで、Google Analyticsを見ながらWebサイトのアクセス状況を説明する際など、ささっとこのショートカットを披露してみましょう。

Google Analyticsを普段いじっている人からすると、まるで魔法のような操作に見えるはずです。

特に、現在と過去のデータの「比較系」ショートカットは、マウス操作でやるとなかなかにわずらわしいもの。ショートカットでスマートにこなせばプレゼン映えすることウケアイです。

具体的には、

  • 「d30」を押して、「 ここ30日間はこれくらいアクセスがありましたね」 
  • 「dx」を実行し、「去年の同時期と比較すると、PVが〇倍に増えてますよ」
  • 「dy」を実行して、「そういえば昨日アップした記事、 昨日だけでこんなに見られてましたね」

なんていうトーク&ショートカットができそうですね。

ぜひマスターしてみてください

ということで、Google Analyticsを利用する方は、ぜひこれらのショートカットをマスターしてみてくださいね。
特にマウスをあまり使わないノートPCを持ち歩くような方には本当におすすめですよ!

CAMI

キーボードショートカットをマスターするのが好きです。

「いいね」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できます。