ブロックチェーン・AI・システム開発の株式会社INDETAIL

【iOS 11】仕事的においしい新機能3選。標準カメラでQRコード読めるし、WebのPDF保存も超絶便利!

2017.11.17
CAMI

iPhone Xがついに発売されましたね。東京のアップルストアでは大行列ができたそうで、ニュースでご覧になった方も多いと思います。

iPhoneユーザーにとっては新端末の情報は気になるところですが、新iPhoneの発表にあわせてやってくる恒例行事といえば、そうです「iOS」のアップデートです。

メジャーアップデートのたびに「バッテリーの持ちが悪くなった」「お気に入りのアプリが使えなくなった」などの不具合が出たりするのはよく聞く話。
でも一方で、こんな機能待ってた! と思わずうなりたくなる新機能が搭載されてくるのも楽しみのひとつです。

そこで今回は、iOS 11の新機能において、iPhoneを「仕事として」使いやすくなったと思う機能を3つご紹介したいと思います。

その1:QRコードを標準のカメラで読み取れる

標準カメラでQRコードを読み込めるようになりました。iPhone登場から10年、ついにガラケーに追いついたのです。

ブラウザにQRコードジェネレーターのアドオンを入れておいて、いまPCで見ているページのQRコードを瞬時に作成し、iPhoneのカメラでそれを読み取れば、あっという間にPCで見ていたページをiPhoneで表示できるようになります。

これまでは専用アプリで読み込みをしていましたが、会社専用のiPhone端末だったりすると自由にアプリも入れられません。そんなとき、標準カメラでQRコードが読めてしまったら、こんな楽ちんなことはありません。

その2:スクリーンショットに、すぐにメモ書きできるようになった

スクリーンショットの機能も使いやすくなりました。

スクリーンショット撮影後、そのサムネイルが画面左下に数秒間居座ってくれるようになり、そのうちにサムネイルをタップをすれば、スクリーンショットを編集する「マークアップ」画面が現れます。

今までも「マークアップ」機能はカメラロールから利用することができはしましたが、かなり深いところにあるため、決して使いやすい機能とは言い難いものでした。

ですが、今回のアップデートではスクリーンショットの撮影後すぐに「マークアップ」を利用できます。重要なところにマーキングしたり、吹出しをつけてよりわかりやすくしたりなど、メモやエビデンスとしてここを見ておいて欲しい、というときに大変使いやすくなったのです。

その3:WebページをまるまるPDFで保存。スマホサイトの印刷が超ラク&手書きでメモも!(激プッシュ)

3つめは、Safariで使えるテクニック。
今見ているページをPDFとして保存し、メモまで追加できるようになりました。この機能でありがたいことは、ページの上から下まで一気にPDFとして保存してくれるところです。

従来のiOS 10でも、WebページをPDFとしてiBooksに保存するという機能がありましたが画面全体としては保存されませんでした。

しかも、今回のiOS 11では、スクリーンショット同様にPDFに対しても手書きで自由にメモ書きをすることができます。レスポンシブの画面確認時などに大きな威力を発揮してくれそうです。

ということで、いかがでしたでしょうか。
今回は仕事目線での便利機能をピックアップしましたが、みなさんの業務が少しでもスピーディーになれば幸いです。

CAMI

キーボードショートカットをマスターするのが好きです。

「いいね」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できます。