logo header
logo header
logo header
logo header
  • 2016.04.25
  • 技術ブログ

niceでこそこそコマンド実行

お久しぶりです。Iaasの荒波にもまれているインフラー、caramelです。

今回は、Linuxで作業中に是非使いたいコマンド「nice」コマンドの紹介です。
WEBサーバや、DBサーバといった本来の目的のプロセスが動いているサーバで

・findコマンドでファイルを探したい
・バックアップをとりたい
・make installを行いたい

一番下の「make install」はあまりないかもしれませんが、
こういった作業が必要になることは、往々にしてあるものです。

ですが、そのままコマンドを実行してしまうと、みるみるCPU稼働率が上がってしまい、
ApacheやMySQLといった最重要プロセスにまで影響を与えてしまうかもしれません。

そんな時こそ、niceコマンドです!

実行したいコマンドの前に、

nice -n 19

を付けるだけで、実行するコマンドのCPU優先度は最低になります。
つまり、他プロセスの邪魔をしないように実行できるのです。

実際に行うときは以下のようになります。

オプションで指定している"19"は優先度最低を表しています、逆に優先度最高は"-20"で設定できます。

裏でこっそりと実行したい、そんなコマンドにはぜひつけてみてください。

ともに世界をアップグレードできる、そんな日を夢見て。
Upgrade the World!